NFT

【手順】LINE NFTでのNFTの売り方まとめ!LINE Payへ出金する方法も!

様々なNFTマーケットがリリースされている中、あのLINEもLINE NFTをリリースしました。

元々はベータ版として提供されていたプラットフォームですが、本格的にNFTを売買することができるようになりました。

そこで今回は、LINE NFTでのNFTの売り方をまとめてご紹介します。

LINE NFTでのNFTの売り方

LINE NFTでのNFTの売り方は以下の通りです。

  1. LINE NFTのプロフィールページを開く
  2. 「出品可能」をタップし、出品したいNFTをタップする
  3. 詳細ページより「出品する」をタップする
  4. 決済手段と販売価格を入力する
  5. 記載事項を確認する
  6. 「出品する」をタップする

こちらの手順でLINE NFTへNFTを出品することができます。

【売り方】NFTの価格を変更する

LINE NFTへ出品したNFTの価格を変更するには、

  1. LINE NFTを開く
  2. 「My NFT」をタップ
  3. 「編集」をタップし、価格を変更する

でOKです。

【売り方】出品履歴を見る

LINE NFTへ出品したNFTの出品履歴を見るには、

  1. LINE NFTを開く
  2. 「マイページ」を開く

でOKです。

マイページでは、

  • 自分が出品しているNFT
  • 過去に売却されたNFT
  • 出品キャンセルをしたNFT

なども確認することができます。

【売り方】売却後の動き

LINE NFTへ出品したNFTが売却できたら、LINEにLINE NFTから通知が来ます。(ブロックしている場合は通知は来ません)

そして、LINE NFTを見てみると「My資産」がこのように増えていることを確認することができます。

あとはLINEPayなどへ出金したりそのまま運用したりすることが可能です。

【売り方】LINEPayへ出金する

では、実際にLINEPayへ出金してみましょう。

まずは、「入出金/入出庫」をタップします。

続いて、出金する額を決めましょう。

最後に「OK」をタップします。

LINE NFTからLINEPayへ出金する場合は、即座に口座へ反映されます。

LINE NFTでNFTを売るために必要なもの

LINE NFTでNFTを販売するためにはいくつか必要なものがあります。

LINE NFTをインストールしていきなりNFTを出品することはできませんので、必要なものを揃えるところから始めましょう。

【必要】本人確認

まず、LINE NFTでNFTを出品するためにはLINEPayでの本人確認が必要です。

LINEPayで本人確認をするには、

  1. LINEを開く
  2. 「ウォレット」をタップする
  3. LINEPayのメインメニューを開く「設定」をタップする
  4. 「本人確認」をタップ

でOKです。

LINEPayで本人確認をする場合、確認手法は2つあり

  • 銀行口座を登録する
  • スマホでかんたん本人確認をする

がありますのでお好きな方を選んでください。

【必要】LINE BITMAX Wallet

LINE NFTでNFTを出品する場合、売却後の利益は仮想通貨「LINK」で受け取ります。

「LINK」はLINE BITMAX Walletがないと受け取ることができませんので事前にLINE BITMAX Walletをインストールしておきましょう。

LINE BITMAX Walletはこちら

LINE NFTのメリット

LINE NFT以外にも数多くのNFTマーケットが誕生しています。

ただLINE NFTにはLINE NFTにしかないメリットがありますので、ご紹介しておきます。

【メリット】LINEリワードを利用できる

まずは、LINEリワードを利用できることです。

LINEリワードとはLINEと連携しているサービスを利用すると貰える報酬のようなもので、LINE NFTで必要な仮想通貨「LINK」へ変換することができます。
つまり、LINEリワードで得た「LINK」を使ってLINE NFTでNFTを購入できるようになるのです。

【メリット】売買ごとに手数料を受け取ることができる

続いて、売買ごとに手数料を受け取ることができることです。

LINE NFTではNFTごとに「コンテンツ料」を設定しており、売買のたびに発生する手数料として扱われています。(数円~数百円程度)
ただ、LINE NFTで出品したNFTが流通することでコンテンツ料を永遠に受け取ることができるようになるのです。

自分が作成したNFTが二次流通以上行けばLINE NFTで稼ぐことができます。

【メリット】ガス代が発生しない

続いては、ガス代が発生しないことです。

LINE NFTはOpenSeaのようにNFTを初めて出品する際にかかるガス代がかかりませんので、気軽にNFTを出品することができます。
LINE NFTではLINEブロックチェーン上にあるNFTしか販売することができませんが、その代わりにガス代が0円です。

LINE NFTで出品できないNFTは別のNFTマーケットを利用しましょう。

【完全版】OpenSeaでのNFTの売り方手順!OpenSeaの準備方法や稼ぐ方法についても!NFTを販売・購入することができるプラットフォーム「OpenSea」。 OpenSeaは世界的にも利用されているプラットフォームで...

まとめ

今回はLINE NFTでのNFTの売り方を解説しました。

LINE NFTでNFTを売るためにはいくつか準備すべきものはありますが、NFTの出品方法は非常にシンプルで簡単です。

皆さんもLINE NFTでNFTを販売してみましょう!

ABOUT ME
admin
2021年よりNFT市場に参入しました。今まで100万円以上の利益をNFTだけで生み出すことに成功しています。
おすすめ記事
  • おすすめの投稿がありません