オンラインカジノ決済方法

NETELLER(ネッテラー)とは?特徴や登録、入出金方法までを徹底解説!

NETELLER(ネッテラー)は、世界で数百万人に利用されているオンライン送金サービスです。

海外のオンラインゲームなどで送金が必要な時、とても便利なのがこのネッテラー口座です。

2016年9月15日より、ギャンブルを目的とするNETELLERが提供する決済処理サービスができなくなりました。日本国内からのサービスは引き続きご利用できます。

 

NETELLER(ネッテラー)の企業情報


NETELLER(ネッテラー)のネットワークは1999年に開設され、 オンラインで資金を送受金する最も安全かつ迅速なサービスを提供し続けています。

世界最大の独立系オンライン支払いサービス業者として、年間数十億ドルに及ぶ取引を行っています。

NETELLER(ネッテラー)の会員数は全世界で数百万人。また、数千社に及ぶ取引先との相互利用が可能です。

世界160カ国以上の各種業界で広く利用されている金融サービスは、厚く信頼を得ています。

NETELLER(ネッテラー)の使い方

NETELLER(ネッテラー)を利用しますと数千を超えるオンラインゲーミングサイトやショッピングサイトでの支払いや資金の受け取りのほか、世界各地で個人間送金が可能となります。

通貨は日本円やアメリカドル、イギリスポンド、ユーロの他、19通貨の中から選べます。

海外資本のFX業者やオンラインカジノに送金をしたい場合、銀行で振り込みを行うといろいろな不便があります。

海外のサービスに日本から送金したいが、

「直接クレジットカードは使用したくない」
「持っているカードが使えない」
「小切手の換金手数料を節約したい」

そのようなとき、役に立つのがNETELLER(ネッテラー)です。

NETELLER(ネッテラー)はプレイヤーと業者の中間に立って、両者からの出入金を迅速に行うためのサービスを提供する決済会社です。

NETELLER(ネッテラー)の特長

NETeller(ネッテラー)はイギリスの会社になりますが、ロンドン株式市場(AIM)に株式を公開するほどの優良企業です。英国金融サービス機構(Financial Services Authority)により認可され、その統制下で運営されていますので、非常に安全です。

徹底した日本語サポート

海外の銀行ではありますが、日本専用の窓口も設けており、日本語でのサポートも行えるという点で安心感もあります。メールはもちろん、電話での対応も日本人スタッフが行ってくれます。問い合わせをするときに海外に電話をするのは通話料も高いし英語で話しかけられてもわからないなどの不安があると思いますが、NETELLER(ネッテラー)のサポートサイトにある「電話リクエスト」をすると、入力した電話番号宛にネッテラーの日本人スタッフから電話を掛けてきてくれます。

日本国内銀行振込対応

NETELLER(ネッテラー)には、デビットカード/クレジットカード/現地銀行からの入金/海外振込送金の4種類の入金方法があります。デビットカード・クレジットカードの利用に関しては、カード会社の規制絡みでほとんど入金ができません。NETELLER(ネッテラー)は、現地銀行からの振込みに対応しています。この方法がお手軽で、最も現実的な方法です。

軍資金の管理が楽になる

NETELLER(ネッテラー)口座があれば複数のカジノへの入金と出金をまとめて管理することができます。複数のカジノでプレイしている場合、いったん全てのお金をNETELLER(ネッテラー)口座に引き戻せば、自分がいくら勝っているのか、あるいは負けているのかを確認するのも簡単です。

NETELLER(ネッテラー)の登録方法

以下の手順で口座を解説します。

公式サイトにいく

NETELLER(ネッテラー)の公式サイトへ移動する

まずはNETELLER(ネッテラー)の口座開設ページにアクセスします。

英語表示になる場合は、画面右上の「言語設定マーク」をクリックします。

「日本語」を選択します。

アカウント情報を登録する

まずはメールアドレスなどの入力を行います。

(記入例)

メールアドレス メールアドレスを入力します。
パスワード 数字とアルファベットの大文字と小文字を組み合わせたものを入力
(123456Ab のように入力)
口座の通貨 好きな通貨を選びます

個人情報を登録する

次に住所などの個人情報を入力します。

(記入例)

①氏名 氏名をローマ字で入力します。
②生年月日・性別 生年月日・性別を入力します。
③番地住所 住所をローマ字で入力します。国は日本を選択し、都道府県(郵便番号)を入力します。
例)恵比寿1-1-1 恵比寿ハイム105
⇒Ebisu1-1-1 ebisu-hime105
④電話番号 電話番号を入力します。※携帯可

すべて入力したら今すぐ加入するをクリックします。

登録完了画面が表示される

完了画面が表示されたら登録が完了しています。
同時に登録したメールアドレスに「NETELLER へようこそ」というメールが届いているはずです。

これで口座開設は完了です。

メールにある「サインイン」をクリックして2つの情報を入力すればログインすることができます。

NETELLER(ネッテラー)の入金方法

ここではネッテラー(NETELLER)への入金方法を解説します。

電子通貨を購入するにはいろいろな方法がありますが代表的入金方法を解説します。

クレジットカードで入金する


上の図で言えばVISAとかMasterCardと書かれている入金方法ですが、これまた日本人が利用することは難しい入金方法です。プリペイドカードやデビットカードと同様にカードを発行する会社が海外への入金に対して強いセキュリティをかけているためクレジットカードでのネッテラーへの入金はできません。

拒否されないクレジットカードを紹介しているサイトなどもありますが、裏技的なクレジットカードでの入金方法を探すのではなく、銀行から振り込む方法が一番無難です。

日本では資金決済法という法律があり、クレジットカードからの現金化は厳しく規制されています。仮にうまくいったとしても、現金化が目的であることがカード会社側に伝わるとそのカードは使用停止になる可能性が大です。安全のためにも、現金での入金を最優先としましょう。

Quick Bank Transferで入金する

Quick Bank Transfer(クイックバンク・トランスファー)を使うと即日入金が可能で、対応している銀行は、ゆうちょ銀行とジャパンネット銀行です。

早く入金したい場合は「クイックバンク・トランスファーからの入金」を選択しましょう。

入金額を入力する

以下のような画面になりますので入金したい金額を入力します。

金額には口座に設定している通貨(この例では米ドル)で入金する金額を入力します。
設定している通貨が日本円の場合は円で入力してください。

手数料や引出限度額は以下のとおりです。

最小取引額 5ドル
最大取引額 3,200ドル
1日の限度額 4,490ドル
1週間の限度額 5,990ドル
1ヶ月の限度額 17,990ドル

為替金額と手数料の確認

上記確認画面が表示されます。

100ドルを入金するには、11,140JPY(円)を銀行振込するように指示されました。※入金額はそのときの為替レートで変動します。

必ず毎回確認してください。外貨為替手数料は、設定している通貨が日本円の場合は手数料2%かかりますので、100ドルの2%は2ドルかかる計算になります。

これでよければ「続行」をクリックします。

入金手続き画面が表示される

上記の画面が表示されます。※入金のたびに振込先が変わる場合がありますので、必ず毎回確認してください。

金融機関を選択する

金融機関を選択します。振込先口座情報が表示されます。なお振込先の口座名義はネッテラーの国内提携会社名となります。

ゆうちょ銀行を選択した場合
ジャパンネット銀行を選択した場合
銀行や郵便局、ATMなどで振込を行う際に、自分の名義の欄を【照会番号】にしておきます。
(照会番号とは、上記で【8692671879】になります)

★例 : 8692671879 ヤマダ タロウ

もし名義人のところが修正できず、メモ欄などがついている時はそちらに照会番号を書いても大丈夫です。

これは、入金の処理を迅速に行うためのものです。

入金の処理を行う

以上の手続きを行いますと、銀行の営業時間内(日本時間平日9:00~15:00)の手続きであれば、1時間程度でネッテラーの口座に反映されます。営業時間外の場合は翌営業日の反映となります。

ネッテラーのサイトで「入金」の手続きをしてから、1週間以内に振り込みをしないと入金処理はキャンセルとなります。

キャンセルとなった場合は再度はじめからやり直してください。

ネッテラーで入金手続きをしたら速やかに振り込むことをおすすめします。

Bitcoin(ビットコイン)による入金

ビットコインをお持ちの方は、Bitcoinを利用してNETELLERに入金できるようになりました。

ビットコインを選択する

入金オプションで、Bitcoinを選択します。

続行をクリックする

口座への変更で説明画面が出ますので、続行を押します。

*Bitcoinで入金した時は、入金手続きから7日以上経過してからATMで出金が可能になりますので注意してください。

入金金額を入力する

次の画面で、振込みたい金額を入力して、続行を押します。取引額と手数料と金額が表示されます。

*NETELLERの口座の使用通貨がUSD/AUD/EUR/GBPの場合は手数料は掛かりません。

それ以外の通貨でご利用の場合は2.95%の手数料が掛かります。

 

次の画面ではBitcoinのWalletでNETELLERに振り込みをする手続きをします。

ここではBitcoinのWalletを呼び出す画面になります。

英語表示になっていますが実際の画面は日本語です。

コードをスキャンする

Scan this QR code using your mobile phone(お使いの携帯電話を使用して、このQRコードをスキャン)

Click here to launch the PC Bitcoin application(パソコンのビットコインのアプリケーションを起動するには、ここをクリックしてください)

Minutes and seconds left to complete the transaction(左下に何分何秒単位で時間が表示されます。この時間までに取引を完了させてください。)

呼び出したBitcoinのWalletで振込手続きを行ってください

メッセージが表示される

BitcoinのWalletで振込手続きが終わると以下のメッセージが表示されます。

Your transaction has been completed

取引が完了した旨のメッセージが出ます。

メールにも取引が完了したことを通知が届きます。

取引履歴を確認する

Bitcoinの取引は取引履歴で確認も出来ます。成功すると履歴に金額と日時が表記されます。

未検証の場合とそれ以外の場合と取引額に違いがあります。

ご利用される時は、詳細についてはサポートにお問い合わせください。

Skrill(スクリル)による入金

Skrill(スクリル)とは、Paysafe社(ペイセイフ).という英国の会社が提供する資金移動サービスです。
Paysafe社(ペイセイフ)はネッテラーのサービスも提供しています。

スクリルから入金する場合には、最初にスクリルの口座に入金されていることが必要です。

スクリルのアカウントから入金方法までまとめたサイトを紹介します。

スクリルを選択する

スクリルの入金方法を解説します。

金額を入力する

次に入金したい金額を入力します。

スクリルの手数料は0.1%なので、入力した金額に対してどれだけスクリルの口座から引き出されるのか計算されます。

スクリルにログインする

次にスクリルのログイン画面が表示されます。日本語に治したければ、Engrishのところを日本語にします。

スクリルに登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。

スクリルから支払いをする

すると、スクリルの残高が表示されますので、問題なければPAY NOWをクリックします。

登録完了画面が表示される

上記の画面がでれば、完了です。

ネッテラーの通貨変更方法

ネッテラーに入金した場合の通貨変更方法について解説します。一度作った通貨は変更できません。そのため、USD口座を作った場合は、あたらしく日本円の口座を作り、USD口座を廃止する必要があります。

  1. ネッテラー口座を再度開設する
  2. 依頼フォームに必要事項を入力

依頼方法には以下のように伝えましょう。

「口座通貨を変更するため2つ目のアカウントを開設しました。
不要になったアカウントの閉鎖手続をお願いします。」

ネッテラー(NETELLER)本人確認書類の提出方法

本人確認で必要な書類は、

  • 本人確認書類の画像
  • 住所確認書類の画像

これらが必要です。

免許証・パスポートなどを解像度の高いカメラ(スマホのカメラでもOK)で取り電子データ化します。免許証や住基カードの場合は表と裏が必要です。

ファイル名は特に指定はありませんがfront.jpgという名前にしておくとわかりやすいです。カラーで鮮明に写っていることと四隅が切れていない写真にしてください。

ネッテラーの本人確認書類の提出方法は以下のとおりです。

ネッテラー(NETELLER)にログインし左側の口座をクリックすると以下の画面が出てきますので

ネッテラーにログインする

まずはネッテラーにログインします。

本人確認をクリックする


本人確認を行うをクリックします。

書類タイプを選択する

書類タイプを選択します。

Start verificationをクリックする

Start verificationをクリックします。

アップロードする書類を選択する

Upload existing imageをクリックする

Upload existing imageをクリックします。

Choose fileを選択する

Choose fileを選択します。

画像を選択しアップロードする

画像を選択しアップロードします。以下の画面がでれば登録完了です。

審査完了のメールが届く

本人確認書類の確認作業は、3日~10日程度で完了します。審査を通過すると「NETELLER 書類審査完了のお知らせ」というメールが届きます。

これで本人確認書類の提出は完了です。

NETELLER(ネッテラー)の出金方法

ネッテラーの出金手段は、

  1. ネッテラーカードを使って銀行ATMから出金する
  2. 国内銀行口座から入金する方法

2つの出金手段があります。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
ネッテラーから出金する前に本人確認書類の提出をすませましょう。

ネッテラーカードで出金する方法

ネッテラーカードを使えば、全国のATMで現金引き出しが可能です。「ゆうちょ銀行」「セブン銀行」のATM、その他MasterCardに対応する一部のATMで、引き出しすることができます。

ゆうちょ銀行ATMから出金

ゆうちょ銀行ATMから出金する時は、直接、ゆうちょ銀行扱いの「お引きだし」を選択します。
海外発行カードは「その他金融機関」扱いではありませんのでご注意。
ゆうちょ銀行に支払う手数料は無料です。

○メリット
・1000円単位で引出が可能
×デメリット
・ATMの利用時間が限られている

引き出し方法は以下のとおりです。

  1. 郵便局ATMで「郵便貯金お引きだし」または「払戻」を選択
  2. Net+カードを挿入
  3. .暗証番号入力
  4. 引き出し金額を入力

セブン銀行ATMから出金

セブン銀行ATMから出金する時は、Check(当座口座)Credit(クレジットカード)Save(普通口座)からCredit(クレジットカード)を選択し、引き落としを行います。セブン銀行ATMでは210円の手数料が別途かかります。

○メリット
・24時間いつでも引出が可能
×デメリット
・英語表記 / 1万単位でしか引出が行えない

引き出し方法は以下のとおりです。

  1. ATMでNet+カードを挿入
  2. 「English」を選択
  3. 「Withdrawal」(出金)を選択
  4. 「Credit」(現金)を選択
  5. 「PIN」(暗証番号)を入力
  6. 引き出し金額を入力

現金引き出しにも下記の利用制限がありますので注意してください。

利用回数・限度額に以下の制限があります
【利用回数】 24時間以内:2回 / 4日以内:6回
【利用金額】 24時間以内:1000 USドル / 4日以内 :3000 USドル

国内の銀行口座から出金する方法

ネッテラーカードでは、1日の出金限度額が$1000までと少ないため、これ以上下ろしたい場合は国内の銀行口座に振り込むことをおすすめします。

国内銀行の出金方法は以下のとおりです。

出金をクリックする

ネッテラーにログインし出金をクリックします。銀行振込のページがでるので続行をクリックします。

口座情報を入力する

口座入力画面が表示されます。例に習って記入しましょう。

①氏名 名前を英語で記載してください。
例として、「山田 太郎」という名前だと、「Tarou Yamada」と記載することになります。
銀行口座番号/IBAN番号 銀行口座を「支店番号ー口座番号」で記載してください。
例として、銀行口座が「支店番号123」、「口座番号4567890」だとすると、「123ー4567890」と記載することになります。
Swiftコード 銀行のSwiftコードを記載してください。Swiftコード一覧
支店コード 銀行の支店コードを入力します。
銀行名 銀行を英語表記で入力します。
銀行が所在する市区町村 あなたの銀行口座の本店住所を、「建物 番地 市町村 都道府県 JAPAN」の順に、英語で記載してください。/td>
銀行が所在する国 日本が選択されています
銀行口座の通貨 通常であれば日本円(JPY)を選択します。

続行をクリックする

すべて入力したら続行をクリックします。

通帳をアップロードする

通帳の写真をとりアップロードします。

写真例

引き出し金額を入力する

引き出したい金額を入力し続行をクリックします。

入力した金額を確認する

すべて入力したら確認画面が表示されます。
(手数料は$12.75かかります)

出金をクリックする

問題なければ出金するをクリックします。

上記画面が表示されれば出金完了です。

 

【最新】おすすめオンラインカジノランキング

ネットカジノジャパンでは初心者の方でもオンラインカジノを安心して始めることができるよう、おすすめのオンラインカジノサイトをランキング形式で紹介しています。

最新の「ランキングページ」をご覧ください。